【今からでも遅くはない】企業型の確定拠出年金における商品の選び方とは

【今からでも遅くはない】企業型の確定拠出年金における商品の選び方とは!?


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

企業においても企業型の確定拠出年金がどんどんひろまっており、運用商品を選ばなければ行けない方やよくわからないけど選んで運用している方が多くおられるのではないでしょうか。

企業型確定拠出年金においては、運用商品の選択によって将来もらえる年金には大きな差が生まれる可能性があります。

知らずに運用することで損をしている可能性や自分が想定している運用ができていない可能性があります。

まずはどんなものであるのか正しく理解をした上で、自身にあった運用商品を選びましょう。

確定拠出年金をわかりやすく解説

確定拠出年金とは

確定拠出年金は企業もしくは、個人の加入者が毎月一定額の掛け金を拠出して、拠出した資金を運用することで、運用した利回りを含めて得られた給付金を将来受け取ることができます。

年金という言葉がついている通り、日々積立することで将来の老後生活の際に受け取るものです。

よく年金は3階建構造という話を聞いたことがあると思いますが、

  • 1階部分:基礎年金(国民年金)
  • 2階部分:厚生年金など
  • 3階部分:確定拠出年金

という形になっています。

1階部分の基礎年金は日本に住んでいる20歳から60歳の方全員が保険料を払うもので、現在は65歳から支払った保険料に応じた金額を受け取ることができます。

2階部分の厚生年金はサラリーマンが加入する年金で、企業と折半して支払いをするものとなります。

3階部分にあたる確定拠出年金企業もしくは個人が任意で加入するものです。

このように3階建て構造になっているのが日本の年金の特徴です。
3階部分の確定拠出年金は任意になるので、加入は個人次第です。

確定拠出年金の種類

確定拠出年金には、企業型個人型2種類があります。

企業型の確定拠出年金は企業型DCと呼ばれます。
企業型DCは企業が掛金を毎月積立(拠出)し、従業員(加入者)が自ら年金資産の運用を行う制度です。

企業型DCは、従業員が自動的に加入する場合と企業型DCに加入するかどうかを選択できる場合があります。


個人型の確定拠出年金はiDeCo(イデコ)と呼ばれます
iDeCoは個人が掛け金を毎月積立(拠出)し、自ら年金資産の運用を行う制度です。

iDeCoは、個人が任意に加入するかどうかを選択できます。

個人型(iDeCo)

個人型(iDeCo)は、掛金を個人が拠出し、運用する金融商品の選択や資産配分の決定などのさまざまな運用も従業員側がやります

個人型(iDeCo)はこちらの特徴があります。

  • 個人が拠出するのも運用するのも判断する
  • 運用成績によって受け取る額が変わる
  • 原則として20歳以上60歳未満のほとんどの人が加入できる

iDeCoは個人で加入および運用する判断が与えられます。
ご自身の資産状況やライフスタイルに合わせて、実施判断をされる必要があります。

また、実際に加入する場合は、掛け金がライフスタイルによって異なります。
自身の状態に応じて、最大拠出額が変わるため、事前に確認をするようにしましょう。


iDeCo(イデコ)と聞くと、みなさん一度は聞いたことがあるのでしょうか。
これだけみなさんが知っているということはもちろんメリットがあるからです。

iDeCoのメリットはこちらになります。

  • 掛金が全額所得控除される
  • 運用で得られた利益は全て非課税である
  • 積立された資産を受け取るときも税制優遇が得られる

全てにおいて、税制上のメリットが受けられる内容となっています。

税制のメリットを受けながら、将来に向けた資産形成が可能であるので、しっかりと理解した上で運用するようにしましょう。

企業型(DC)

企業型(DC)は、掛金を企業が拠出し、運用する金融商品の選択や資産配分の決定などのさまざまな運用は従業員側がやります

企業型(DC)はこちらの特徴があります。

  • 企業が掛金を毎月拠出してくれる
  • 従業員が自ら年金資産の運用を行う
  • 運用成績によって受け取る退職金、年金額が変動する


また、企業の掛金に従業員が更に掛金の上乗せする「マッチング拠出」があります。

企業によってマッチング拠出の実施有無があるので、実施有無に関しては、各社ごとに確認が必要となります。

マッチング拠出の特徴はこちらです。

  • 企業側の掛金を上限額として拠出が可能
  • 企業側の掛金と個人の掛金の合計額が拠出限度額を超えてはいけない

という条件を満たす範囲での拠出が可能となっています。


企業型(DC)ですが、メリットがないとやる気が出ないと思います。
企業型(DC)にはもちろんさまざまなメリットがあるんです。

  • 企業型DCの運用益は全額非課税
  • 受け取り時に税制優遇が受けられる
  • マッチング拠出の掛金も全額所得控除対象

全てにおいて、税制上のメリットが受けられる内容となっています。

税制のメリットを受けながら、将来に向けた資産形成が可能であるので、しっかりと理解した上で運用するようにしましょう。

確定拠出年金の運用商品とは

確定拠出年金では、個人型のiDeCoと企業型DCがあるとご紹介をしましたが、こちらの種類には関係なく、金融機関の運用商品には、「元本確保型」「元本変動型」があります。

元本確保型とは言葉の通り、掛金が1円も損が出ないように、元本が確保された商品のことを言います。

商品例としては、定期預金や保険などがあります。
このような商品のメリットとデメリットはこちらになります。

  • メリット:元本割れのリスクがない
  • デメリット:物価が上昇への対応ができない

メリットは元本割れリスクがないため、運用で目に見えた失敗を被ることがありません。

ただし、デメリットとしては、積立期間中に物価が上昇してしまうと、相対的に貨幣価値が減少してしまいますが、このような場合に対応ができません。

積立開始時の100万円と受取時の100万円の価値が違うことを前もって理解した上で元本確保型の商品を選ぶ必要があります。


元本変動型とは言葉の通り、掛金が運用で変動することで、評価額が元本割れするリスクのある商品となります。

商品例としては、株式や投資信託などがあります。
このような商品のメリットとデメリットはこちらになります。

  • メリット:運用により資産が大きく増える可能性がある
  • デメリット:元本割れのリスクがある

メリットは運用を長期的にすることで、運用次第では元本と比べると大きな金額を得ることができる可能性があります。

デメリットとしては、元本割れのリスクがあることです。
絶対に元本割れしたくないという人は選ぶべきではない商品となります。

確定拠出年金の商品の選び方

20代・30代の方におすすめ商品

20代や30代の方は拠出期間が長く、受取するのは30年、40年後となります。
そのため、時間を味方につけて複利の力で運用効果を高めていくことができます。

一般的に、投資初心者がまず取り組むべき投資は長期の積立投資です。
これは、長期間で投資を続けることで、時期による貨幣価値変動のリスクを下げることができるとともに、複利の効果で運用益が更に運用益を産むという好循環を回すことができます。

近年では物価が2%前後で上昇していることも踏まえると、年間での利回り目標を2%以上に設定し、元本変動型の商品を中心に選定をしていくことをお勧めします。


また、商品の中には、国内株や債権、海外株や債権、新興国株などさまざまな商品が用意されています。

絶対にこれが儲かる!というのは誰にもわからないことではありますが、今後日本が経済成長を見込める可能性はかなり低いことを考えると、リスク分散の観点から他国の資産にリスクヘッジしておくことをおすすめします。

40代以降の方におすすめ商品

40代以降の方は拠出期間が長く、受取するのは10年後ぐらいとなります。

この場合、複利の力は若い方よりも小さく、あまりリスクを起こして投資をすることはおすすめしません

そのため、一般的には元本確保型の商品の比重を高めることで、元本割れのリスクを防ぎつつ、低利回りでいいので、リスクを少なく運用益を狙っていくことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

確定拠出年金は年金制度の一つで、企業もしくは個人が任意で加入する制度です。

拠出する時や運用益、受取の際に税制上のメリットが得られることから、多くの方が将来不安解消のために、加入しています。

さまざまな金融商品があることから、ご自身の資産状況や投資状況、年齢、ライフスタイルに合わせた商品を選ぶことができます。

まずはご自身の状態をしっかりと把握した上で、商品選定から拠出額の選定をしましょう。